Links

Photo by藤本史昭

パイプオルガンの女神が、KANKAWAによって解き放たれ、フリーになり、ブルースを奏でた。

この貴重な演奏の記録は、KANKAWAが起こしたパイプオルガンの軌跡だ!

 

ruikw ホールというものが本当に一つの大きな楽器であるということに改めて気付くことが出来たコンサートだった。最高の音響を作り出すための形がとても機能的で美しい姿となり荘厳な空気までも生み出している。その中に鎮座するオルガンもまた優美で宗教的だ。そんな空間でジャズに由来する音楽が出来たことをとても幸せに思う。ジャズが持つ力の可能性を信じる事が出来、そして強く感じる事が出来たコンサートだった。
ー類家心平(tp)
Photo by藤本史昭  
takeuchi KANKAWA さんのオルガンが、ミューザ川崎ホールを深い響きに満たす中、素晴らしいミュージシャン達と共演でき、とても光栄に思います。
ー竹内直(Tenor Sax)
Photo by藤本史昭  
onuma 長年に渡りJazzの伝統と革新的なことを行き来するKANKAWAさんにはいつも驚きと勇気をもらう。パイプオルガンジャズという斬新な表現から伝統的なジャズオルガンへ帰ってきた時、ステージはポジティブで瑞々しいエネルギーに満ち溢れていた。このアルバムはその瞬間瞬間の記録。
ー小沼ようすけ(Guitar)
Photo by藤本史昭  
honda ブルースの中に人情があり、人情の中に嘆きを持つミスター・ソウルマンのKANKAWAさんが川崎シンフォニーホールで行ったライブが発売になった。これはB3ハモンドオルガンを十八番とするKANKAWAさんが川崎シンフォニーホールに併設してあるパイプオルガンを弾くという、前代未聞のライブだった。僕はその目撃者だ。KANKAWAさんとはNBKBでご一緒することが殆どでここで聴かれるようなジャッジーでブルージーな演奏をKANKAWAさんとご一緒する、ましてはライブレコーディングするなんてのは全くもって初めてでしたしとても不安でしたが、そんな予想を遥かに超えて一曲目からのブルースから互いのスイング感がバッチリで鳥肌ものでした。気持ち良いのです。またこの日のハイライトであるKANKAWAさんのパイプオルガンは類家心平のトランペットと読売交響楽団のコンサートマスターである小森谷巧さんのヴァイオリンとのコラボレーションでしたが、これがオペラのような物語の中に様々な展開があり、またそれぞれの個性的な響きが反発する事なく非常に音楽的な発展をしたインプロヴァイズだったことがとても素晴らしかった。譜面に書いてあるが如くのとても荘厳でブルージーなまったく初めて聴く音楽でした。この一曲を聴くためにこのアルバムを買う価値は相当あります。ロックにジャズにブルースにプロコルハルムのようなゴスペルライクなパイプオルガン。ここまでオルガンという楽器を扱える人間はこの人しかいません。ミスター・ソウルマンことKANKAWA!
ー本田珠也(Drums)
Photo by藤本史昭  
komoriya いつものハモンドオルガンは、私だけでなく大勢の方がKANKAWAワールドのファンタジーな世界を楽しんでいるかと思います。
パイプオルガンとヴァイオリンのサウンドには、バロック音楽やクラシックのシンフォニーにような独特の響きがありながら、ジャズの曲で幻想的に展開していく面白さがとても新鮮に感じます‼️
ーSpecial Guest:小森谷巧(Violin)

(読売交響楽団コンサートマスター)

 

 

 

 

TITLE:

LIVE AT SYMPHONY HALL

ARTIST:

KANKAWA

RELEASE:

17th May

PRODUCT: ■通常盤CD/BCAT1-005/¥2,916(tax in)
販売サイト: AMAZON
DISC UNION
GENRE:

Jazz

COVER: soul kitchen
DETAIL:

ジャズオルガンの名手KANKAWAが、ミューザ川崎シンフォニーホールの巨大なパイプオルガンにトライした。
デビュー40周年を飾る記念となるアルバムである。勿論、ハモンドオルガンの演奏もたっぷり。十八番の"アメージング・グレース"等、熱狂のコンサートとなったライブ収録。

 

ミュー ザ川崎シンフォニーホールのスイス製のパイプオルガンのと読売交響楽団コンサートマスターのバイオリニスト(小森谷巧)を迎えた、孤高の演奏、サマータイ ムでの迫力のインプロバイズを収録。最高に信頼できる素晴らしいメンバー達、類家心平(tp),竹内直(ts),小沼ようすけ(g),本田珠也(dr)と の熱演の音が詰まっている。ジャズオルガンの帝王ジミー・スミス直伝だからできる往年のジャズオルガンのヒット曲を選曲、KANAKWA流にアレンジした 演奏が素晴らしい。オルガンを完全に自分のボイスとしてコントロールしているKANKAWAならではの演奏の魅力が「朝日の家」「アメージンググレース」 に表れている。

 

Recorded by Akihito Yoshikawa(studio DEDE)
Mixed by Akihito Yoshikawa(studio DEDE)
Masterd by Akihito Yoshikawa(studio DEDE)
Recorded at Muza Kawasaki Symphony Hall at Sep.30th, 2016

Track List:
  • 1.Moanin'
  • 2.Summer Time
  • 3.Soul Finger
  • 4.When Johnny Comes Marching Home
  • 5.Midnight Special
  • 6.The House of the Rising Sun
  • 7.Amazing Grace
MEMBER:

KANKAWA(Pipe Org. & Hammond B-3 Org.)
類家心平(tp)
竹内直(ts)
小沼ようすけ(g)
本田珠也(dr)
スペシャルゲスト:小森谷巧(Vl.)(読売交響楽団コンサートマスター)

 

 

 

 

 

 

CONTACT SITEMAPCONTACTSITEMAP